一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

愛犬、家族、子供のようなもの、どんな言葉もしっくりこない。

我が家のエースおこげが、虹の橋へと旅立ちました。

 

去年の秋にすももを見送ったばかり。

4人チームだった我が家は、夫と私の2人になってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すもも(♀)享年 推定12歳

2003年くらい〜2016年10月23日 18時25分

 

 

すももはいわゆる繁殖リタイア犬で、ボランティア団体のサイトで見つけて引き取った子。

うちに来たのが推定7歳。だから、それまでの人生の倍はうちで超ミラクルハッピーにしてやるぜ!14歳までは生きてくれ!と思っていて、でも肥満細胞腫と診断されてから1年強、穏やかとは言い難い最期ではあったけど、夫と私、そしておこげに見守られながら旅立っていってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

おこげ(♂)享年 11歳7ヶ月

2005年11月8日〜2017年6月24日 8時10分〜11分くらいのはず…

 

 

 

つらい

さみしい

 

 

現実感がまるでない

 

 

病院へ行く用意をしている5分くらいの間、ちょっとだけおこげの側から離れたその5分の間に、おこげは逝ってしまった。長くはないのはわかっていた。すももが苦しみながら逝ったから、おこげは少しでも穏やかにと思って、溜まった腹水を少しでも抜いてもらったら半日くらいは楽になるだろうって思って、病院へ行って、仕事も休みにしたし、家で、おこげの大好きだったリビングで、残された少ない時間を、夫が帰ってくるまで一緒に待っていようねーっていう、そんな気持ちだった。

 

 

 

あと10時間後には火葬する

 

 

 

 

そのうち訂正とか追記とかする、よ。

うん

 

  • -
  • 03:11
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Related Entry
Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://okoge1108.jugem.jp/trackback/8

PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM